TOP

スポンサーKataribe

あきらめない気持ちで。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


他社の保険営業の方やファイナンシャルプランナーに何度か相談をしたが、ご自身の持病を申告したら、「その病気では加入できる保険はない」と断り続けられたお客様がいらっしゃいました。私も最初はなかなか難しい案件だなと感じたのですが、その方は2人のお子様をひとりで育てられている母子家庭の方でした。仕事も一生懸命されていますし、子どもたちのことも大切に育てられています。それなのに、保険でその方を応援できないのは、どこか釈然とせず、病気についてもう一度、しっかりと検討して、それで保険を考えましょうと提案しました。
そこでお客様には病院で再検査を受けていただき、病院の診断書も再作成してもらいました。結果、審査が通ったのです。何ごともチャレンジしてみないとわからないと思いましたし、何より社会のなかで必死にがんばるお客様を少しでも応援できた気がして、私があきらめなくてよかったと思いましたね。お客様の思いを形にできるのは、私たちの力なんだなと実感しています。

.

最終更新日:2015-10-04 14:44

コメント (0)